FC2ブログ
電気工事(太陽光発電、電気自動車EV充電コンセント)+ネット工事+地上デジタル放送工事+電気修理、設定各種を行っています。
電気工事を主体とする会社です。
◎webで公開中◎

sawamotodenki.com
logo20120811Model(R1)
◎ タウンページ広告掲載中◎

沢本電気(iタウンページ)

●電気のこまった事を解決!コンセント1コからお伺い!・何でもご相談ください。●

●電気自動車(EV/PHV)トヨタ・日産・三菱・ホンダ 施工例多数●




◎携帯サイトもよろしく◎
株式会社 沢本電気

●パソコン・インターネットでこまった事無いですか?・小さなことでもご相談ください。

■社員募集のおしらせ。

ヤル気のある社員募集します。
電気、通信ネットワーク・地上デジタル放送に興味ある方

■独立したい方募集
 電気工事作業で独立開業したい方も募集します。
 当社では、ひとりででもやってやる!という方大歓迎です。一度連絡お願いします。
 この場合は、第1・2種電気工事士必要です。
  連絡は011-893-1691まで
■本ブログサイトから、リンクサイトの内容について、またこれらのご利用等で生じた一切の損害について責任を負いません。なお、本ブログサイトへのリンク、または本ブログサイトからのリンクという事実は、当社がリンクサイトのご利用や、リンクサイトに掲載されている商品、サービス、会社等を推奨するものではありません。また、当社とリンクサイトとの間に提携などの特別な関係にあることを意味しません。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
2011_01[1]


これを見る限り、地上アナログ放送は2011年に終了は周知の事実なのであるが、BS(衛星放送)のアナログ放送も一緒に終了となっているのはご存知でしょうか??


ほとんど知られていないのでは???


BSアナログ放送が終了ってことは、BSアナログ端子がついているアナログTVは、見れなくなるということです。
意外と知られていない事なので、地上デジタルばかり気にとめて、BS放送の対策はしているのでしょうか・・・・(地上デジタルよりは対策は楽)


BSデジタル受信機を、もしかしたら購入しなければ、いけない状態になる可能性もあるということです。
スポンサーサイト
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
最近は、地上デジタルTVが当たり前です。家電量販店でもかなり安くTV・DVDレコーダ売っていました。
アナログTVはほとんど姿を消しているようです。
これだけ普及してくると2011年までには、大多数の人が地上デジタルに移ることでしょう。
しかしながら2011年にはアナログ放送が終了するのはいささか疑問に思います。
果たして地上デジタルの電波は、隅々まで届くのでしょうか??
私が、現在この仕事をしていると、どうも疑問に思うのです。

仕事の依頼で「地上デジタルを見たいが、写らない」という事が多くあります。
現地に行ってみると、ビル陰CATVが結構多いのです。

ビル陰CATVは、高い建物(マンション等)が地上波を遮ってしまうので、影響する範囲をケーブルで地上波を伝送するというものです。
比較的新しいビル影CATVはVHF・UHFを伝送しているが、一部ではUHF帯をVHF帯に変換する方法を取っている(V変換)ところがあります。
こうなってしまうと、UHF帯が流れていないので地上デジタルは写らないのである。

その地域がどうなっているのか、現地に赴き調査をしなければならない。
どうしても見たいという方がいるのだが、はっきり言ってしまえば、本来アンテナを上げても見えないということでケーブルになっているので、地上デジタルが写ることは可能であっても、安全を見て「写らない」と答えるのである。

また、アナログとデジタルの混在も原因の一旦なのである。
居間のTVはプラズマ・液晶で尚且つDVD・HDDレコーダである。
しかしながら、子供部屋、寝室は通常のアナログということがよくある。

すべてデジタルならば、アンテナを上げて写る様であればそれで良いのだが、先に記した状態(ケーブル)であれば居間は写るが、寝室・子供部屋は写らないということになる。

元来電波を勝手に受信しているので、その地域、干渉物、遮蔽物、など条件がまったく違うのにすべて写りますなんて、絶対に言えないのである。

またビル陰CATVは、UHF帯を写るように改造する費用は何処が出すのか、誰にも判らないのです。
費用負担を、ビル側(マンション)が改めて負担するとは到底考えにくい。


以上の事を考察すると、2011年には、地上デジタルのみとは到底考えにくいのである。

総務省はそこまで考えているのか・・・・・
ロードマップばかり気にして、詰めが甘いような気がするのです。

私的には、FTTHがもっと普及しこれに相乗りする方法が一番かな??
これには相当費用がかかるだろう。



あと4年で解決出来るのか・・・・・・

参考にしてください。
http://www.nozomu.net/journal/000228.php
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
最近の原油の高騰で、北国の暖房の採り方が今までの方法とは違ってくると思います。

ある賃貸MSでは、ガス暖房・ガス給湯であったのが、入居率が悪いとのことで、灯油暖房・灯油給湯に変更しているというのが良く耳に入ってくる。
ガス暖房は単価が高い、爆発の危険が考えられるというのが一般的でしょう。

この原油の高さだと、どの時点で灯油とガスの損益が入れ替わるのか、検討が着かないのではないでしょうか。

札幌では、1戸建て住宅の暖房費は、セントラルヒーティング(家全体を温水を循環させて暖める)で4万円/月くらいでしょうか。
このまま灯油の単価が上がると月当たり1万円くらいは上がるでしょう。

さらにロードヒーティングの場合は面積に比例して暖房費が上がってゆきます。
月当たりは、これも2~3万円程度でしょうか。

しばらくは原油の枯渇ということはないでしょうが、この高騰によってコストの計画は大幅に狂っているようです。

電気の場合はどうでしょうか。

電気の場合、融雪電力(最低3ヶ月間)契約で通常の電気料金より安く設定されています。
最近は、ほぼ80%近くオール電化工事を受注しています(新築)。

暖房は、電気ボイラーまたは蓄熱暖房機、最近は電気オイルパネルも多くなっています。


ロードヒーティングは、電気・灯油どちらが良いか?と質問されるが、電気屋から(私的)言わせれば、コストとメンテナンスの事を考えると、約30m2くらいまでが電気で、それ以上は灯油と答えます。

三菱からはこういう商品http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2007/0625.htm

私はこれが一番ランニングが安いと思います。
既存の灯油ボイラーから交換可能なので、設備が流用できる
私は使ってみたいと思います。
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
株式会社沢本電気

Facebookページも宣伝 沢本徹

バナーを作成 沢本徹

バナーを作成

無料カウンター クレジットカードの比較
インターネット証券比較
中古車情報比較
生命保険見直し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。