FC2ブログ
電気工事(太陽光発電、電気自動車EV充電コンセント)+ネット工事+地上デジタル放送工事+電気修理、設定各種を行っています。
電気工事を主体とする会社です。
◎webで公開中◎

sawamotodenki.com
logo20120811Model(R1)
◎ タウンページ広告掲載中◎

沢本電気(iタウンページ)

●電気のこまった事を解決!コンセント1コからお伺い!・何でもご相談ください。●

●電気自動車(EV/PHV)トヨタ・日産・三菱・ホンダ 施工例多数●




◎携帯サイトもよろしく◎
株式会社 沢本電気

●パソコン・インターネットでこまった事無いですか?・小さなことでもご相談ください。

■社員募集のおしらせ。

ヤル気のある社員募集します。
電気、通信ネットワーク・地上デジタル放送に興味ある方

■独立したい方募集
 電気工事作業で独立開業したい方も募集します。
 当社では、ひとりででもやってやる!という方大歓迎です。一度連絡お願いします。
 この場合は、第1・2種電気工事士必要です。
  連絡は011-893-1691まで
■本ブログサイトから、リンクサイトの内容について、またこれらのご利用等で生じた一切の損害について責任を負いません。なお、本ブログサイトへのリンク、または本ブログサイトからのリンクという事実は、当社がリンクサイトのご利用や、リンクサイトに掲載されている商品、サービス、会社等を推奨するものではありません。また、当社とリンクサイトとの間に提携などの特別な関係にあることを意味しません。

店舗・マンション等に設置してある誘導灯にも寿命があるのを、ご存知でしょうか

あまり気にならないものですが、いざという時に非常に役に立つものです。

非常口に設置しています。

P1000157.jpg


バッテリーの寿命があります。


今回は古い誘導灯をリニューアルしました。

今までの誘導灯は大きくて場所を占領していました。
P1000159.jpg

今回は冷陰管(液晶パネルにも使用されている)タイプの誘導灯を設置しました。

特徴としては、消費電力は低い、発光輝度が明るいので今までより認識性が高いなどです。

また古い誘導灯の跡がどうしても見えるので、リニューアル用カバーを設置しました。

P1000160.jpg
取替え後はこうなります。
遮蔽物が小さくなるので、圧迫感が少なくなります。

P1000158.jpg
両面タイプもあります。


P1000156.jpg

暗闇でもはっきりと照らしてくれます。

20年程度たった建物は再点検すると良いでしょう。
スポンサーサイト
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
15年から10年前の施工されたCV線(架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル)の紫外線劣化が進行しているようです。

本日、伺った所も13年前の施工でした。

CV線の劣化で被服が割れたようになります。

CV線(ウィキペディア)

P1000163.jpg

P1000161.jpg

P1000165.jpg

このようになった場合は、対策としてビニルテープを上から巻いて保護します。

最近の施工では、必ずビニルテープで保護するようにしていますので問題は少ないと思います。

一度、メーターBOX内や開閉器盤の中をチェックすることをお勧めします。

引き込み電線からの接続部は、進行が早いので注意が必要です。

20年前くらいの建物で、被服が全く無くなっていた物を見て、驚いた事があります。
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
P1000057.jpg

以前お客様からの依頼で交換したものです

一気に燃え上がったと言っておりました。

電気は日常生活になくてはならないものですが、一歩間違うと取り返しがつきません。

取扱には十分注意しましょう。
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
今回は蓄熱暖房機の増設です。


当初の熱量計算より若干上げるために、暖房機増設となりました。

電気量(電流量)が増加するに当たっては、幹線の許容電流・メーター器(北電)のサイズ等は必ず調査しなければなりません。
電力会社との電気料金の契約が変わってしまうので、無断で工事を行ってしますと、契約違反等々が発生することとなり、最悪盗電したなんてことを言われることも・・・

当社としても、施工前に必ず電力会社に申請を行ってから施工しています。

今回の物件は幹線容量範囲内の増加にとどめ、増加したのは3kwの蓄熱暖房機を選定しました。


P1000034.jpg
http://www.hokkaido-denki.co.jp/chikudan/d_m.html


設置に当たっては、まず電気工事の配線から

P1000021.jpg

主幹漏電ブレーカ交換・分岐ブレーカの増設を行います。


P1000023.jpg

配線は適正なサイズ・長さ・選定します(必ず電気工事士の免許は必要)


P1000025.jpg

パネル外すとこうなっています。

P1000026.jpg

P1000027.jpg

P1000028.jpg


あとはひたすら蓄熱レンガを敷き詰めます。
(かなり重いので組立には注意が必要です)
P1000031.jpg
P1000032.jpg
P1000033.jpg

敷き詰め終わると、分解したとは逆に戻します。(完成)

転倒防止対策は必ずしなければなりません

P1000024.jpg

組立自体は簡単なものではありますが、電気工事・配線・分電盤設置・メーターの交換・引込線張替は必ず出てきます。

個人でも、免許と知識と努力で出来るとは思いますが・・・・

施工会社に依頼した方が時間と労力の軽減になるでしょう
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
株式会社沢本電気

Facebookページも宣伝 沢本徹

バナーを作成 沢本徹

バナーを作成

無料カウンター クレジットカードの比較
インターネット証券比較
中古車情報比較
生命保険見直し