FC2ブログ

地デジ難民は救済できるのか??

ここでは、「地デジ難民は救済できるのか??」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
最近は、地上デジタルTVが当たり前です。家電量販店でもかなり安くTV・DVDレコーダ売っていました。
アナログTVはほとんど姿を消しているようです。
これだけ普及してくると2011年までには、大多数の人が地上デジタルに移ることでしょう。
しかしながら2011年にはアナログ放送が終了するのはいささか疑問に思います。
果たして地上デジタルの電波は、隅々まで届くのでしょうか??
私が、現在この仕事をしていると、どうも疑問に思うのです。

仕事の依頼で「地上デジタルを見たいが、写らない」という事が多くあります。
現地に行ってみると、ビル陰CATVが結構多いのです。

ビル陰CATVは、高い建物(マンション等)が地上波を遮ってしまうので、影響する範囲をケーブルで地上波を伝送するというものです。
比較的新しいビル影CATVはVHF・UHFを伝送しているが、一部ではUHF帯をVHF帯に変換する方法を取っている(V変換)ところがあります。
こうなってしまうと、UHF帯が流れていないので地上デジタルは写らないのである。

その地域がどうなっているのか、現地に赴き調査をしなければならない。
どうしても見たいという方がいるのだが、はっきり言ってしまえば、本来アンテナを上げても見えないということでケーブルになっているので、地上デジタルが写ることは可能であっても、安全を見て「写らない」と答えるのである。

また、アナログとデジタルの混在も原因の一旦なのである。
居間のTVはプラズマ・液晶で尚且つDVD・HDDレコーダである。
しかしながら、子供部屋、寝室は通常のアナログということがよくある。

すべてデジタルならば、アンテナを上げて写る様であればそれで良いのだが、先に記した状態(ケーブル)であれば居間は写るが、寝室・子供部屋は写らないということになる。

元来電波を勝手に受信しているので、その地域、干渉物、遮蔽物、など条件がまったく違うのにすべて写りますなんて、絶対に言えないのである。

またビル陰CATVは、UHF帯を写るように改造する費用は何処が出すのか、誰にも判らないのです。
費用負担を、ビル側(マンション)が改めて負担するとは到底考えにくい。


以上の事を考察すると、2011年には、地上デジタルのみとは到底考えにくいのである。

総務省はそこまで考えているのか・・・・・
ロードマップばかり気にして、詰めが甘いような気がするのです。

私的には、FTTHがもっと普及しこれに相乗りする方法が一番かな??
これには相当費用がかかるだろう。



あと4年で解決出来るのか・・・・・・

参考にしてください。
http://www.nozomu.net/journal/000228.php
スポンサーサイト
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sectworks.blog88.fc2.com/tb.php/13-8ff5be5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
株式会社沢本電気

Facebookページも宣伝 沢本徹

バナーを作成 沢本徹

バナーを作成

無料カウンター クレジットカードの比較
インターネット証券比較
中古車情報比較
生命保険見直し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。