FC2ブログ

既設太陽光設備に創蓄連携

ここでは、「既設太陽光設備に創蓄連携」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
今の所は、既設太陽光発電設備に蓄電池を設置(創蓄連携)を計画しております。

既設太陽光設備2010年設置、(HIT210 30枚 6.3Kw)のパワコン(4.0Kw)2台ある一台を、パワーステーションSに交換、蓄電池を設置する設計をしています。
工事的には、問題はありません。

2010は買い取り額48円/kwhだったので、2020年までは現行買い取り額が続きます。(後2年)

このままの買い取り額で行きたいのが、本音です。

では、このまま設備変更でいけちゃうのか??(届け出もしないで黙っていけるか??)

答えは、行けません。

電力会社には設備の変更するのは当然なのですが。

経済産業省にも変更が必要となります。改正FIT法です

当時、設備IDという認識は全くありませんでした。(設備認定とういものが存在していなかった)

直接、資源エネルギー庁に聞いてみました。

答えは、改正FIT法で、すべての太陽光発電設備(その他の再生可能エネルギー発電含む)は設備IDで管理され、その設備の変更がある場合(発電方法の変更)は申請を行い許可をもらう事となっているそうです。

そうすると、以前の発電設備にIDなんてモノが存在するのか?と質問すると、「必ず存在して、それを変更しなければならない」
との事です。

その設備IDを知る方法は?:「電力会社に聞いてください」との事です。

それでは、電力会社に問い合わせました。

そうすると「個人情報なので、回答出来ない。その前に、設備IDが解っても、申請変更をするための手段を持ち合わせていない」

確かに、電力会社でも、個人の設備IDの内容を変更する事はできませんなぁ

電子申請のサイトではIDの忘れたように照会が出来ます。
https://www.fit-portal.go.jp/mypage/ForgotPassword

これを使用して、照会を行うしかありません。

ここまでが、分かった事です。

もし代理で照会を行う場合、委任状、印鑑証明が必要となります。

時間が、まだまだ掛かりそうです。

スポンサーサイト
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sectworks.blog88.fc2.com/tb.php/154-4ec30c41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
株式会社沢本電気

Facebookページも宣伝 沢本徹

バナーを作成 沢本徹

バナーを作成

無料カウンター クレジットカードの比較
インターネット証券比較
中古車情報比較
生命保険見直し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。