FC2ブログ

地デジ受信できない注意点

ここでは、「地デジ受信できない注意点」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
先日お客の依頼で「テレビを購入したが、デジタル放送入らない」とのことでした。

さっそく依頼者の家に訪問したら、案の定ビル陰電波障害CATVでのケーブル受信でした。
レベル測定したらVHF変換で、UHF帯のレベルはゼロ。
こんな場合は、「アンテナ設置しても受信できる可能性は低い」と答えています。

本来UHF・VHFアナログが受信状態が悪いのでビル陰CATVとなっているので、たとえアンテナ設置して受信できたとしても、リスクを考えると施工をあきらめています。

室内アンテナで受信できる場合もありますが、ブロックノイズが発生しやすい場合が多いので、設置してみないとわからない状況なのであります。

札幌市内もかなりの数に上ると思います。

TV購入の際、受信できる状態なのか把握できていないのも一つ原因かとも思います。


実際、戸建、アパートのような低層で近くに大きな建物、構造物があったら一度引き込み線の状態を見てみるとよいと思います。

アンテナが設置されていても、あとで大きな建物が建設されたことで、ケーブルに変わっている場合が多いです。

目印は銀色(この色が多い)のアレスター(保安器)が壁面についているどうかを見るのが、簡単な判断方法です。

スポンサーサイト
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sectworks.blog88.fc2.com/tb.php/16-78f428a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
株式会社沢本電気

Facebookページも宣伝 沢本徹

バナーを作成 沢本徹

バナーを作成

無料カウンター クレジットカードの比較
インターネット証券比較
中古車情報比較
生命保険見直し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。