FC2ブログ

最近のTV(BS・CS・地上波デジタル)

ここでは、「最近のTV(BS・CS・地上波デジタル)」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
最近のTV放送は(地上波アナログ・デジタル・BSアナログ・デジタル・CSアナログ・デジタル・CATV・IP:インターネット放送)と多様であります。

家庭での視聴は、これからの動向では、地上波デジタル・IP・CATVが普及が多くなります。

既設のTV配線では、周波数帯か高くなってきているので、対応しきれない事も多く発生します。
一般的には、地上波とBS放送は混合する事が可能です。
しかしながら、混合することによって、いろいろな弊害が生まれます。
最近多いのは、リフォームした際の、BS放送が映らなくなる現象は、一般的な電気工事では、TV放送とBS放送は電波を混合する事が可能な為、1本の配線で済ますほうが施工手間が省けるため行います。その際施主(お客様)の方の考え方は、「TVの電源を入れるとBS放送は映るという考え」が常識となっていますので、施工完了後、入居したら、「映らない」とのクレームが発生します。

私たち(施工側)の常識としては、TVからBS放送のチャンネルを押すと、TV側よりDC15V(直流15V)の電流がBSアンテナのコンバーター部分(受信機)に電圧を発生させ始めてBS(衛星放送の電波)を受信できる構造を知っているため、その認識の差が生まれます。

しかしながらTV本体の方を設定していないというのが大半です。
スポンサーサイト
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sectworks.blog88.fc2.com/tb.php/4-db5835c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
株式会社沢本電気

Facebookページも宣伝 沢本徹

バナーを作成 沢本徹

バナーを作成

無料カウンター クレジットカードの比較
インターネット証券比較
中古車情報比較
生命保険見直し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。