FC2ブログ

コンセントの熔ける原因

ここでは、「コンセントの熔ける原因」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
最近の仕事の依頼(メンテナンス)で、コンセントが「熔ける」という事象がありました。

顧客からはどんな原因??と質問されるのですが、原因は正確には不明ですが、予想されるものとしては、

1-高負荷による熱劣化

2-コンセント自体の劣化

3-トラッキングによる発熱

その他原因は多岐に渡りますが・・・・

おおよそ、この3点が考えられます。1番目の高負荷は、配電盤のブレーカが規定負荷であれば、防ぐ事が出来ます。
2番目は、経年劣化も考えられるのが、やはり抜き差し回数が多いと接点不良になりやすいとも考えられます。
3番目は、普段から掃除できない場所に多く見受けられます。こまめなプラグ掃除を心がけましょう。

私自身の考えは、1-2-3の順で頻度が多いと思われます。

昨今の電化製品の多さ、コンセントタップのタコ足配線等、かなり危険な感じがします。


こまめなプラグの抜き差しと、使わないものは抜いておくが、一番の予防策と思います。
スポンサーサイト
logo20120811Model(1) sawamotodenki.com
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sectworks.blog88.fc2.com/tb.php/9-96204389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
株式会社沢本電気

Facebookページも宣伝 沢本徹

バナーを作成 沢本徹

バナーを作成

無料カウンター クレジットカードの比較
インターネット証券比較
中古車情報比較
生命保険見直し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。